「一生モノの勉強法」の感想と要約。さらに詳しく勉強方法を解説。

一生モノの勉強法Study

「勉強法を知りたい」
「工夫して集中力をあげたい」

という方に、

実戦的な勉強法がギッシリ詰まった本「一生モノの勉強法」を紹介します。

実際にやってみて、効果的な勉強法を厳選し、他の知識とかけ合わせて、より詳しく解説しました。

 

 

「一生モノの勉強法」の感想と要約

「一生モノの勉強法」は、京大で人気No.1の鎌田浩毅教授が書かれた本です。

本書で紹介されている勉強法は、実践的ですぐ使えるものが多く、非常に参考になります。

知的な勉強法を知りたい方にはオススメです。

以下に、「一生モノの勉強法」を要約し、さらに詳しい解説も加えて紹介します。

 

 

場当たり的な勉強はしない

場当たり的な勉強はしない

勉強するときは、目標を決めるようにしましょう。

SHOWROOMの創業者、前田裕二さんも「ゴールから逆算して目標を立てることが大事だ」と仰っています。

最終的な得たいスキルを考え、そこから逆算しましょう。

例えば「ネイティブと同じように英語を理解したい」という目標があるなら、

❶約20000単語を覚える必要がある

❷一年後には達成したいので、毎日50単語以上おぼえる必要がある

❸前日や先週の復習もするので、毎日150単語触れるために朝の7〜8時を英語学習に使う

❹単語アプリをインストールする

❺毎朝の勉強をスタートする

といった感じです。

目標から逆算することで、モチベーションが維持され、挫折率も下がります。

 

 

勉強中は引きこもる

勉強中は引きこもる

勉強するときは、自分にとって集中できる環境に行きましょう。

そして時間を決めて、勉強のことだけを考えましょう。

タイマーを使って、勉強時間を決めるのがオススメです。

初めは15分など短い時間でもいいので、決まった時間内はガッと集中しましょう。

デスクの周りはキレイに片付けた方が、気が散らず、集中力も上がります。

また、勉強中は音も遮断しましょう。

ノイズは、情報をインプットするときに支障をきたします。

ただし、自然音の場合は聴いてもOKです。

Mind-wandering and alterations to default mode network connectivity when listening to naturalistic versus artificial sounds - PubMed
Naturalistic environments have been demonstrated to promote relaxation and wellbeing. We assess opposing theoretical accounts for these effects through investig...

こちらの研究にもあるように、人工音よりも自然音の方が集中力があがり、リラックスもできることが科学的に分かっています。

 

 

隙間時間を有効活用しよう

隙間時間を有効活用しよう

現代人はとても忙しいです。

それに加え、ヒマな時間があると「何かしなくては」と無意識のうちに思ってしまいます。

「隙間時間に勉強する」というのは、そんな感覚を有効に活用するテクニックです。

具体的には、歩いている時に音声で学習したり、電車の待ち時間にスマホでKindleを読んだりするのが良いでしょう。

個人的には、「ワイヤレスイヤホン×ダウンロード済み音声(または動画)×バックグラウンド再生」の組み合わせが最強だと思います。

ワイヤレスイヤホンはこちらの、AppleのAirPods proがオススメです。

値段は少し高いですが、ノイズキャンセリング機能もあるので、集中して勉強できます。

 

 

通勤時間を英語塾に変える

通勤時間を英語塾に変える

こちらは英語の勉強をしたい方向けの勉強法です。

やり方としては「通勤・通学中に目に入ったものを、頭の中で英語を使って説明していく」というものです。

これは実際に英語を使う場面にも役立つテクニックです。

例えば、電車に乗ってて、綺麗なモミジの紅葉が見えたら、

The maple-leaves is turning red and it’s so beautiful.

(モミジが高揚していて、とても綺麗だ)

と頭の中で言う、といった感じです。

いきなり文章を組み立てるのが難しい場合、まずは単語だけ並べるのもいいと思います。

こうすると、わからない英単語も調べるようになり、英語の勉強がはかどるのではないでしょうか。

 

 

ゴールデン時間を死守する

ゴールデン時間を死守する

自分にとって1番集中できる時間帯を見つけ、その時間に勉強しましょう。

朝に集中できるひと、夕方に集中できるひと、など様々だと思います。

これはクロノタイプといって、人は遺伝子的に集中や運動に適した時間が、あらかじめ決まっています。

自分がいつ集中できるか分からない、という方は、こちらの診断テストでクロノタイプを調べてみてください。

ミュンヘンクロノタイプ質問紙(MCTQ)日本語版
ミュンヘンクロノタイプ質問紙(MCTQ)日本語&#29...

無料で、登録不要で2分ほどで診断できます。

 

 

勉強机ではなく、あえて食卓で勉強する

勉強机ではなく、あえて食卓で勉強する

この勉強法は、場所を少し変えることだけで集中力がアップする、というものです。

勉強机で勉強すると、ついついそのこと自体に満足してしまいませんか?

あまり集中できていなくても「いま自分は勉強してるんだ」と錯覚し、満足してしまいます。

そんなときは、あえて食卓で勉強することをオススメします。

メリットは二つあります。

❶食卓で勉強すると、「勉強している」という錯覚から逃れることができます。

❷食卓にいると、食事や家族の帰宅など、適度な邪魔が入るため、それまでに終わらせようと頑張ります。

その結果、集中力が伸びて、生産性の高い勉強ができるようになります。

 

 

無理だと思った勉強は捨てる

無理だと思った勉強は捨てる

学生のときは、決められた科目を全て勉強しなくてはいけませんでした。

しかし、大人の勉強では、無理だと思ったものは、さっさと捨てましょう

短期的には見ると「もったいない」と思いますが、長期的に見ると、ダラダラ続けてることの方がもったいないです。

自分に合わないと思った勉強からは、早めに手を引くようにしましょう。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

「一生モノの勉強法」の続きを読みたい方はこちらからチェックしてみてください。

 

文庫版はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました